Strategy& ケース面接1:マツコデラックスのコスプレ衣装の市場規模

更新日:

出題実績

Strategy&(PwCの戦略部門)での出題です。

ケース問題

マツコ・デラックスのコスプレ衣装の市場規模は?

突破基準

慣れていない方はえっ!?っと思うかもしれませんが、比較的簡単なフェルミ推定です。

突破の基準は以下です。

コスプレ衣装が使われる主要なシーンを想定し概算できる

セグメント区分をした上、市場規模を算出できる

ポイント

概算

この問題は何を計算すればマツコ・デラックスのコスプレ衣装の市場規模を”概算”が可能かを定義できるかを特定するのが最大の問題です。

マツコ・デラックスのコスプレ衣装は会社の忘年会や学校の文化祭でも使われるかもしれません。しかし、そういったことを考えてもキリがありませんし、市場規模に対して大したインパクトもありません。

ざっくり概算する上では、”ハロウィンの週にどれだけ売れるか”を考えれば十分だと思います。

適切な軸・モデルの設定

こちらも教科書通り、男女・年代別に考えれば問題ありません。
算出上のモデルとしては、

市場規模=人口数(10代・20代に分けて)×ハロウィンに参加する率×コスプレ衣装を買う率×マツコ・デラックスの衣装を選ぶ率×単価

として計算します。

テーマが一般的ではないため、一瞬驚きますが、レベル的には基本問題ですので、「現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート」などで対策することで素早く確実に 回答できるようにして頂きたいと思います。

Strategy&は旧ブーズからPwCに統合後も、依然として人気のある戦略コンサルティングファームの1つです。更に面接対策を進めたい方は、こちらもご覧ください。
>>>Strategy&ケース面接2:タクシーの市場規模

また、Strategy&についての情報は書籍等であまり世の中に出ておらず、情報収集や業界研究が難しいと感じている方もいるのではないかと思います。そんな方はこちらの記事もご覧ください。
>>>Strategy&の特徴

-ケース面接事例
-

Copyright© 戦略コンサルタントという選択 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.